ビジネス 投資の方針

[心理戦]一喜一憂しない方法は「忘れようとする」しかない理由!

やっぱり不安というものはずっと尽きないものだと思います。焦って行動してしまうとどうなってしまうのでしょうか。

「気にするな」と言われても・・・

細かいことで悩んでも、後から振り返ってみると何でもなかった事はたくさんあります。その時に焦って行動してしまえば、後から後悔することになるかもしれません。

・恋人が浮気していると思って、理由も聞かずに怒ったら、親戚と一緒にいるだけだった。

・友達と喧嘩したけど、お互い誤解したまま何年も経ってしまった。

・株が暴落して、もっと下がると思って売ったら、数ヶ月後には急上昇した。

私も一度、株の短期売買で失敗しているので、この気持ちはよくわかります(笑)この記事で書きました。

投資では短期と長期のどちらかより、方針を明確にする方が大切な理由!

 

忘れることなんてできないから、意識的に忘れようとする!

大きな心配事があるとき、他のことをやろうとしても上手くいきません。忘れてから行動しようとしても、忘れることなんてできません。

それなら「忘れなくてもいいけど、忘れよう」と意識すると、意外に上手くいきます。

当ブログもいろんなジャンルのことを書いていますが、仕事の不安や持っている株を忘れようとしているためです(笑)

 

大体のことはなんとかなる

心配してしまっても、心配しすぎて萎縮するほどではない事が多いと思います。もしトラブルが起きても、どう解決するかを考えることが大切ではないでしょうか。

 

まとめ

意識的に忘れようとすると、他のことにも興味を持ちます。

よそ見をしているうちに、危機は乗り越えているものだと思います!(笑)

-ビジネス, 投資の方針

© 2020 社長さかまさの株式投資とビジネスー右脳で資産作り