投資の方針

[感想]借金して株を買った(初めての信用取引)

2週間ほど前、信用取引でソフトバンクグループ株を購入しました。

そして本日売却しました。その時の記事はこちらです。

ソフトバンクグループ株、一部を売却!守りながら運用します!

 

信用取引ってなに?

現金や担保の株を使って、持ち金の3倍のお金を借りることができる取引のことです。

要するに借金です。

例えば50万円を持っていたら、最大で150万円の株を買うことが出来ます。

利益は3倍になりますが、損失も3倍です。

 

借金で買った株を保有する気持ち

私は投資というのは、その企業を応援するものだと思っています。

自分のお金を使って事業を行えば、回り回って社会に貢献できると思うからです(笑)

ですので借金で行う投資は、FXなどの投機(短期間の変動の差益だけをねらって行う売買取引)に近い気がします。

 

借金の額は、安全の範囲に抑えていた

今回借金をする金額は、持っている財産の25%に抑えていました。

(LTV=純負債/保有株式=25%以下)

例えば住宅ローンなどの借り入れをするとして、持っている株式などの他の財産の25%までしか借りないとしたら、かなり安全ではないかと思います。

もし返済に困ったときは、株を25%売ればいいですからね。

このようにかなり安全を意識して投資をしました。

それでも2週間ヒヤヒヤ・・・

2011年の東日本大震災のときは、2日連続でストップ安になった株も結構ありました。

今後も大きな災害・事件が起きてもおかしくありません。

通常の株であれば、暴落しても最低0になるだけですが、信用取引の場合はマイナスになってしまいます。

長期投資をベースにしている私にとっては、他の米国株も売らなくてはいけない状況になることは絶対に避けたいと思っていました。

 

結果的にはうまく売却して利益がでるも。。

本日売却が成功したことで、たまたま利益がでました。

しかし精神的にはたいへんなダメージになりました(笑)

 

今後の投資の方針

という訳で、今後はよっぽどの暴落が無い限りは信用取引はしません!

その理由を3つ上げたいと思います!

なお、この内容は投資家YouTuberの坂本さんも仰っていました。

1.ハイリスク

今回の件を通じて、私は積極的に売り買いしてリターンを求めるより、守りながら手堅く投資するほうが合っていると感じました。

先程も書いたように、3倍のリターン・リスクを操作するハンドルを握る勇気はありません(笑)

2.長期投資したい

私はできるだけ長く株式市場に携わりたいと思っています。米国株に長期的に投資すれば何10倍のリターンが返ってくることが過去の平均から分かっています。

お金がなくなり、なおかつ借金も背負って退場なんてことになってしまえば、老後が心配です(笑)

3.成功した有名な投資家

私はウォーレン・バフェットさんやピーター・リンチさん、桐谷さんのような株式投資で成功した方を参考にしています。

この方々をみると、信用取引をしなくても成功されています。

(桐谷さんは昔信用取引をされていたようですが後日失敗だったと語っています。配当や株主優待重視の長期投資に変えてから成績が伸びたと仰っていました。)

偉大な成功者の方々を見習い、私も信用取引はしないことにします。

最後に

以上が、今回ソフトバンクグループ株を信用取引で保有した感想でした。

でも今後、なんとかショックとかが起こればまた買いますね!(笑)

-投資の方針

© 2020 社長さかまさの株式投資とビジネスー右脳で資産作り