投資の方針

投資は社会貢献!遊びではない理由!

みなさんは、投資というとどのようなイメージを持ちますか?

ギャンブル」「賭け事」など、あまりいいイメージを持たれない方も多いと思います。

今回は、投資は遊びだと思われる理由と、そうではない理由を説明したいと思います!

投資家は利益だけしか求めてない

株を買うことは、社会へのサービス提供である!

株を買うと、そのお金が労働者や設備に使われます。

それによって生じたサービスが社会に活用されることになります。

そのサービスが社会に受け入れられ、その会社の業績が上がれば株価が上昇し、最初に投資した人にリターンをもたらします。

つまり、投資家がリスクを背負って社会に貢献する会社に投資することで、それが回り回ってリターンになって戻ってくるのです。

短期投資家も大きな役目を持っている!

もし長期で投資した企業があるとして、その株を急な事情で売らなくてはいけないとします。

そんな時に、誰も買い手がいなければ売ることはできません。短期投資家がいるおかげで売却することが出来ます(流動性

 

短期トレードは社会貢献をしていない?

市場の調整を果たしてバブルを防ぐ!

株価や為替が高くなるということは、その銘柄に人気が集中している事を指します。

つまり、人気が集中しすぎるとバブルを起こしてしまいます。

もしバブルが崩壊し、世界的に不況になれば、多くの人が職を失います

(日本は輸出も多いので為替の影響はとても大きいです。)

そこでFXや株の短期トレードは、市場の調整機能を果たしています。

上がりすぎた株は売り、下がりすぎた株を買うのが短期トレードです

本来の価値よりも過小に評価されているものに投資して、正しい市場の調整に貢献をすることでリターンを得ることができます!

 

まとめ

筆者も長期投資とは別にデイトレを行なっていますが、投資は短期であっても社会貢献であるという話でした!

単にギャンブルだと何も価値が生まれませんが、このような考え方で投資をすると、遊びでは無いのではと思います!

-投資の方針

© 2020 社長さかまさの株式投資とビジネスー右脳で資産作り