投資の方針

【米国株】今後も魅力的なマイクロソフト株(MSFT)を購入しました!!

最近デイトレの収益により現金比率が上がったので、長期投資用ポートフォリオに入金しました。

今回は新しいポートフォリオの紹介をしていきます!

変更結果

銘柄別

セクター別

(マネーフォワードからコピペしてるので、「ポイント」がでちゃってるのはごめんなさい。エクセル治すの面倒くさい笑)

最も割合の多い「日本 AI」はソフトバンクG[9984]です。日本株の割合が多いのは、デイトレの担保に使うためです。

米国株では、ハイテク株を4銘柄に分けて保有しています。今は株が上がってますので、今後何かしらのニュースで暴落した時に追加購入する予定です!

 

変更履歴

買い

米国株

・MSFT(マイクロソフト)

・AAPL(アップル)

・GOOGL(グーグル)

ハイテク株は今後も大きく上昇することが見込めるので、下落タイミングは一切考えずに購入しました!

日本株

・大江戸温泉リート

J-REATです。割安性を示すNAVが全リートの中で最も低く、割安です。

大江戸温泉リートは、変動収入割合が7.6%とホテルREITの中で最も低いです。なので固定賃料収入が安定しています。NOI利回り(表面利回り−経費)は7.18%と高く、不動産投資の中では非常に収益性が高いです。またLTV(財務レバレッジ)も40%台と低いです

・ソフトバンクKK

親会社のソフトバンクグループの中での、国内通信事業に特化した会社です(2018年12月に上場)。売上高営業利益率が19.20%と高く、今後も市場競争力を保てると思っています。また親会社のAIファンド(ビジョンファンド)とのシナジー効果も期待できると判断しました。新興企業の開発するサービスに回線を提供するだけなので美味しいですね(笑)

減らし

・AMZN(アマゾン)

※もともと持っていたAMZN株を25%に減らしました。売った75%の現金で、MSFT・AAPL・GOOGLを購入しました。

売り

・AXP(アメリカンエクスプレス)

・UBER

AXPを今回売却したのは、市場の変動に反応しやすいからです。今後金融株は大きな上昇は見込めません。なので弱気相場なった時にこそ買い込むべき銘柄と考え、今回は一旦手放すことにしました。ただ素晴らしい銘柄であることは変わらないので、今後再度購入するかもしれません

[米国株]QR普及でもV/MAでなく、アメックス株を選ぶ”ビジョン”的な理由[AXP]

UBERに関しては、筆頭株主であるソフトバンクGが投資しているので、そちらに任せておこうと思います。

 

まとめ

デイトレで安定的にキャッシュが入ってくるようになったので、米国株の買い増しに当てていこうと思います。デイトレなら当日中に売るので破産はしないと思いますけどね(笑)

【意外に安定】日本株デイトレをやってみよう!

 

-投資の方針

© 2020 社長さかまさの株式投資とビジネスー右脳で資産作り